本文ショートカット

BGOUTLET

本文ショートカット

会員メニュー

ショッピングモールメニュー

サービス利用約款
メインに
サービス利用約款

サービス利用約款


サービス利用約款  


[サービス利用規約]

株式会社ジニクッスは3dモデルデータ及び、2d背景データ基盤のコンテンツ製作、プラットホーム開発に力を注ぎ、より良いコンテンツ提供という価値を実現するために努力しております。株式会社ジニックスは、サービスのユーザーが規約を十分に検討及び熟知できるようにし、会員登録は本規約に同意したことを意味します。

第1条 (目的)

本規約は株式会社ジニクッスサービス(以下「サービス」といいます)に登録した会員が株式会社ジニクッス(以下「会社」といいます)が提供するサービスを利用するにあたり、会員(本規約に同意し、会員登録をしたサービスユーザーをいいます。以下「会員」といいます。)及び、会社間の諸権利、義務と関連手続き及び責任事項等を規定することにその目的があります。

第2条 (用語と定義)

本規約で使う用語の定義は以下の各項の通りであり、定義されていない用語に対する解釈は関係法令及び、ホームページ内の別途案内で定めるところに従います。

1.株式会社ジニックスサービス(以下、「サービス」といいます):実装される端末機(PC、タブレット、携帯用端末等の各種有線·無線装置)に関わらず、株式会社ジニックスのブランド名で「会社」が提供する諸般サービスをいいます。

2.株式会社ジニックス会員(以下、「会員」といいます):本規約に同意の上、利用契約を締結し、サービスに正常に登録され、「サービス」を利用する顧客をいいます。

3.株式会社ジニックスアカウント(以下、「アカウント」といいます):会員の識別とサービス利用のために会員が選定し、会社が承認する文字と数字の組み合わせをいいます。

4.ポイント:本規約第7条の基準に基づき、会員が会社が定める規定に従い、イベント参加等に利用可能なポイントを指し、株式会社ジニックスサービス以外では財貨としての価値はありません。

5.イベント:会社が提携を通じて、会員に一定の商品を掲げて行うサービスのことをいいます。

6.メッセージ:会員と会員がメッセージを伝達·共有するサービスを意味します。

7.コンテンツ:会社及び、会員がサービス上に掲示した符号·文字·音声·音響·画像·動画等の情報形態の文章、写真、動画及び、各種ファイルとリンク等を意味します。

8.プロフィール:全会員に公開されるプロフィールページです。

9.掲示物:会員が株式会社ジニックスに掲載、または登録する符号(URLを含みます)、文字、画像(写真を含みます)、ファイル等を意味します。

10.掲示者:サービスに掲示した者を意味します。

第3条 (規約の効力及び、改定)

1.本規約はサービス画面の掲示によって効力が発生します。

2.会社は、「電子商取引等における消費者保護に関する法律」、「規約の規制に関する法律」、「情報通信網利用促進及び、情報保護等に関する法律」、「オンラインデジタルコンテンツ産業発展法」等の関連法に違反しない範囲内で本規約を改定することができ、改定された内容を会員にお知らせします。

3.本規約は必要に応じて改定されることがあり、規約を改定する場合、会社は改定された規約を適用日及び、改定理由を明示し、現行規約と共にその改定規約の適用日、14日以前から適用日前日までお知らせします。改定規約のお知らせは、規定された方法のうち1つ以上の方法で会員に明確にお知らせします。

   1)ウェブサイト内に掲示

   2)電子メール通報

   3)SMS通報

   4)会社が定めたその他のお知らせ方法等

4.本条の規定により改定規約は、原則的にその効力発生日から将来に向けて有効です。

5.本規約の改定に関して異議のある会員は、会員退会をすることができます。ただし、異議があるにもかかわらず、本条第1項及び、第2項による会社のお知らせがなされた後、7日以内に会員退会及び、拒否の意思を表明しなかった会員は、改定規約に同意したものとみなします。

6.会員が改定規約の適用に同意しない場合、会社は改定規約の内容を適用できず、この場合、会員は利用契約を解約することができます。

7.本条の通知方法及び、通知の効力は、本規約の各条項に規定する個別的または全体的な通知の場合にこれを準用します。

第4条 (規約の解釈)

1.会社は有・無料サービス及び、個別サービスに対しては別途の利用規約及び、政策(以下、有料サービス規約等)を定めることができ、当該内容がこの規約と相反する場合には有料サービス規約等が優先して適用されます。

2.この規約で定めてない事項や解釈に関しては有料サービス規約及び、関係法令、または商慣習に従います。

第5条 (サービス利用の申し込み及び、利用契約成立)

1.サービス利用契約は、会員が本規約及び、「個人情報取扱方針」等に同意し、会社が提供する登録様式を作成し、サービス利用を申し込んだ場合、会社がこれを承認することで利用契約が締結されます。

2.会員は、第1項の利用申し込みの際に必ず実際の情報(本人が使用している有効なメールアドレス等)を記載しなければならず、虚偽の情報を記載した会員の場合、サービスの利用が制限されたり、第5条に基づいて会員とのサービス利用契約を解約できます。

3.他人の名義を盗用する等の不正な目的と方法により、利用を申し込んだ会員のアカウントは事前通知なく、削除されることがあり、当該会員はサービスの利用禁止及び、法的制裁を受けることがあります。

4.第1項の規定による申し込みにおいて会社は、会員の本人認証を要請することができます。

.会社は上記各項の必須記載項目以外にも、会員に多様で有益な情報を提供するために、利用申込者に個人の作業に関する絵、作業の好み、作業方式等の情報を提供することを要請することができます。ただし、利用申込者はそのような情報の提供を拒否することができます。

6.会社は、会員に円滑なサービスを提供するため、会員に電子メール及び、SMS等による広告及び、サービスに関する各種情報を提供することができます。会員が希望しない場合は、いつでも受信を拒否することができます。

7.会社は、法律に定める特別な規定がない場合を除き、基本的に会員の別途の同意なしに会員情報を第三者に提供しません。

ただし、次号の場合はこの限りではありません。

   1)法令に基づき、会員情報の利用と第三者への情報提供を認めている場合

   2)景品、購入物品等の配送業務に必要な最小限の会員情報をお知らせする場合

   3)会員に様々な特典及び、経験を提供する目的で会社が選定した第三者の場合

   4) 他の会社の規約及び、政策に基づいてユーザーの同意を求めた場合

8.会社はサービス運営中、会社の方針に基づき、提携会社がイベント開催を希望する会員の範囲を制限する場合、会員はサービスの利用に制限が従うことがあります。

9.会員は、サービス利用中に申込フォームに記載した会員情報が変更された場合、直ちに会員情報を修正しなければなりません。会員情報の未修正によって発生するすべての責任は会員にあります。

10.当該作業者、またはイベントに関連し、当該業種に従事·サービスをしながら非正常的に行われる持続的なアップロードの場合、当該会員はサービスの利用制限に従うことができ、それに関する全ての損失に対する責任は会員にあります。

11.会員は、会員のアカウント及びパスワードを徹底的に管理しなければなりません。管理の怠慢、不正使用等によって発生するすべての結果の責任は会員本人が負担し、会社はこれに対するいかなる責任も負いません。

12. 会員は、アカウント、パスワード、追加情報等の盗難にあった場合、または第三者が使用していることを認知した場合には、直ちに本人のパスワードを変更する等の措置を取らなければならず、これを直ちに会社に通知し、案内に従わなければなりません。

第6条 (会員情報の変更)

1.会員はサービス内の「マイページ」画面を通じて本人の個人情報を閲覧し、修正することができます。ただし、端末機の識別番号、アカウント等は修正することができません。

2.会員は本人の個人情報を虚偽で設定し、不正な方法で利益を得た場合、当事者のポイントは消滅され、サービス利用が制限されることがあります。

第7条 (利用契約の解約及び、資格喪失/停止)

1.会員は本人が希望する場合、契約を解約したり、サービスの利用中止を要請することができます。

2.会員がサービス利用の中止を要請した際、電子メール通報等、会社が指定した手続きで申し込まなければなりません。

3.会社は次の各号に該当する会員が確認される場合、当該会員に対し、事前通報なしに会員資格留保/中止/解約/掲示物削除/ポイント及び、クーポンの回収等の措置をとることができ、この場合、会員はサービスに関連するすべての権利を主張することができません。

 1)会員登録申し込みの際、虚偽の内容を記入した場合

 2)イベント不正応募、ポイント不正取得等サービスを不正な方法、または目的で利用した場合

  -書面通報

  -不正応募とは、一人の個人が多数のアカウントを作成し、当たる確率を上げる等の正常的ではない方法で不当な利益をとることを意味します。

 3)会員が志望した場合

 4)他の会員のサービス利用を妨げたり、その情報を盗用する等、電子取引秩序を脅かす場合

 5)サービス内の他の会員に対するストーキング(stalking)/脅威/嫌がらせ/暴言/チャット荒らし等、継続的な苦痛および迷惑をかけた場合

   6) サービス内で会社の運営者/役職員、または会社を詐称した場合

   7)会員登録申込の際、第三者の個人情報を利用お及び、不法盗用した場合

   8)サービス利用中、法律違反行為及び、社会の安寧/秩序及び、公序良俗を害する内容の情報、文章、図形、音声、写真などを流布する行為

   9)第三者の特許権、商標権、著作権、営業秘密等の知的財産権を含む他の権利を侵害する行為をした場合

   10)会社から特別な権限を付与されず、会社のホームページやクライアントプログラムを変更、または会社のサーバーをハッキングする等のシステムを脅かす行為をした場合

   11)会社の事前承認及び、他の会員に対する事前同意なしにActiveX、スパイウェア、アドウェア等のプログラムを強制的にインストールさせた場合

   12)サービス訪問者や他の会員の意思とは関係なく特定サイトへの訪問を誘導した場合

   13)サービス利用中に不正コピーソフトウェア、第三者の著作物を密売するなどの関連法律に抵触する行為をした場合

   14)人種/性/狂信/利敵などの反社会的/道徳的偏見に基づいた団体を結成する行為を行った場合

   15) 他の会員のアカウント・メールアカウント等の個人情報を収集する行為

   16) 犯罪との結託、関連法令違反活動と判断される行為をした場合

   17) 他の会員に上記6項から16項までの禁止行為を行うよう、誘発·助長する活動を行った場合

   18) 会社が提供するサービスを利用して第三者に本人を広報する機会を提供したり、第三者の広報を代行する等の方法により金銭を授受したり、またはサービスを利用する権利を譲渡し、これを対価に金銭を授受したりする行為

   19) 会社の事前同意なしに営利目的の広告性情報を転送するために利用する行為

   20) 不特定多数の会員を対象に、広告または宣伝を掲示したり、迷惑メールを送信する目的で会社が提供するサービスを利用して営利活動を行う行為

   21)本規約13条に規定する会員の義務に違反した場合

第8条 (会員退会)

1.本規約第七条第二項に定められた方法で退会しようとする会員は会員退会の要請の後、会社が提供刷る手続きを履行すると、退会刷るようになります。この際、残余のポイントは自動的に消滅され、会員登録の際記入した基本情報は永久に消滅されます。



第9条 (サービスの内容及び変更)

1.会社は、サービスサイトを通じて会員に対する株式会社ジニックス関連の諸般サービス及び、情報の提供、他の会社が定める業務を行います。

2.会社は、サービスの内容を変更しようとする場合、変更されたサービスの内容及び、提供日付をお知らせします。ただし、変動内容を具体的に知らせることができない場合は、7日前にその趣旨及び、公示が不可能な変動事由を公示します。

第10条 (サービスの一時中断)

1.会社は、コンピュータなどの情報通信設備の点検、補修、交換及び、故障、通信の断絶などの事由が発生した場合、サービスの提供を一時的に中断することができます。

2.本条第1項の事由で、サービスを中断しようとする場合、会社はSMSで発送したり、またはサービス内のお知らせ及び、サイトに掲示したりする方法で会員にサービス中断の事実を知らせます。

3.会社は、無料で提供されているサービスの一部、または全部を会社の方針及び、運営の必要上の修正、中断、変更することができ、これについて関連法に特別な規定がない限り、会様に別途の補償をいたしません。

第11条 (会員アカウント及び、パスワード)

1.会員アカウントとパスワードに関する管理責任は会員本人にあり、会員は第三者に自分のアカウント及び、パスワードを教えたり、利用させてはなりません。

2.会員が自分のアカウント、またはパスワードを盗難されたり、第三者が使用していることを認知したりした場合には、直ちに会社に通知し、会社の案内がある場合は、それに従わなければなりません。

第12条 (会社の義務)

1.会社は、関連法と本規約が禁止したり、公序良俗に反したりする行為をせず、継続的で安定的に「サービス」を提供するために最善を尽くして努力します。

2.会社は会員が安全にサービスを利用できるよう、個人情報(信用情報を含みます)保護のためにセキュリティシステムを備え、個人情報取扱方針を公示し、遵守します。

3.会社は、サービス利用に関連して会員から提起された意見、または不満が正当だと認める場合、これを処理しなければなりません。会員が申し立てたご意見やご不満については、掲示板を活用したり、電子メール等で「会員」に処理過程及び、結果をお伝えします。

第13条 (会員の義務)

1.一般会員とは、商品を購入しレビューを作成するなど、商品を販売していないすべての会員を意味します。

2.販売会員とは、商品を販売するすべての会員を意味します。販売会員の場合、手数料、会社との契約期間が含まれた別途の契約書を作成することがあります。

3.一般会員と販売会員は、サービス利用と関連して次の各号の行為をしてはなりません。

   1)サービス利用関連諸般の申込行為、または変更行為時の虚偽内容登録行為

   2)サービス内に掲示された各種情報の無断変更、削除などの毀損行為

   3)他の会員の名誉を傷つけたり、個人情報を収集したりする行為

   4)会社の同意なく営利目的の広告情報を送信したり、会社が許可した情報以外の他の情報(コンピュータプログラムや広告など)を送信したり掲示したりする行為

   5) 一切の加工行為を通じてサービスを分解、模倣または変形する行為

   6)会社、第三者の名誉を毀損したり知的財産権を侵害するなど、会社や第三者の権利を侵害する行為

   7)ストーキングなど他の会員のサービス利用を妨害する行為。

   8)わいせつ、または暴力的な情報(メッセージ、画像、音声など)、その他の公序良俗に反する情報をサービスに公開したり掲示する行為

   9)コンピュータソフトウェア、ハードウェア、電気通信機器の正常な稼動を妨害し、破壊する目的で考案されたソフトウェアウイルス、他のコンピュータコード、ファイル、プログラムを含む資料を掲示したり、電子メール、SMSで送信する行為

   10) ジャンクメール(junk mail)、迷惑メール(spam mail)、幸運の手紙(chain letters)、ピラミッド組織への加入を勧めるメール、わいせつ、または暴力的なメッセージ·画像·音声などのメールを送ったり、その他の公序良俗に反する情報を公開または掲示する行為

   11) 青少年保護法に定める青少年有害メディアを掲示する行為

   12)会社のサービスに掲示された情報を変更したり、サービスを利用して得た情報を会社の事前承諾なく営利または非営利の目的で複製、出版、放送等に使用したり、第三者に提供する行為

   13)自動接続プログラム等を使用するなど正常な用法と異なる方法でサービスを利用して「会社」のサーバーに負荷を起こし、会社の正常なサービスを妨害する行為

4.一般会員は、サービス利用に関連して13条3項以外にも次の各号の行為をしてはなりません。

   1)サービスで知り合った販売会員に会社との協議なく個人的に連絡したり、サービスを迂回して購入及び、取引をしようとする行為

5.販売会員は、サービス利用と関連して13条3項以外にも次の各号の行為をしてはなりません。

   1)サービスで知り合った一般会員に、会社との協議なく個人的に連絡したり、サービスを迂回して販売·取引をしようとする行為

   2) 法律的に異常がある商品を販売、または登録しようとする行為

   3) 契約期間を一方的に破棄しようとする行為

   4) 意あるいはミスで会社に損害を与える行為

6.会社は会員が13条3項、4項、5項の行為をする場合、サービスの利用を制限したり、アカウントの解約、掲示物の削除等、一方的に本契約を解約でき、これに該当する一般会員または販売会員は、これにより発生した被害に対する賠償の義務があります。

第14条 (著作権の帰属及び、利用制限)

1.会社が作成した著作物に関する著作権、知的財産権は会社に帰属します。ただし、作成のため提供されたモデル等の作業物は1次制作者に著作権があり、会社はこれに対する使用権を持ちます。

2.会員はサービスを利用することで得た情報を会社の事前承諾なしにコピー、送信、出版、配布、配信、または、これ以外の方法で営利目的に利用したり、第三者に利用を許可してはなりません。

3.会員がサービスを利用する過程で作成した掲示物の著作権を含んだ一切の権利は別途の意思表示がない限り、当該の会員に帰属されます。

4.会員は掲示したコンテンツを掲示することで会社がサービス及び、事業と関連して該当コンテンツ(及び、その2次的著作物)の一部または全部を前世界的にひ独占的に無償に使う権利(利用、公開、広告、出版、コピー、公園、公衆配信、展示、配布、貸与、2次著作物作成、自動/受動翻訳提供)を許し、これを譲渡できることに同意したとみなします。また、会社に対して著作人格権を行使しないことに同意したとみなします。これを通じてさらに多くの需要者を株式会社ジニックスサービスに吸収し、供給者にもさらに良い経験を与えようとする理由です。

第15条 (コンテンツの管理)

1.会員の掲示物が情報通信網法及び、著作権法等関連法に違反する内容を含む場合、コンテンツの権利者は、関連法が定めた手続きに従い、当該掲示物の掲示中断及び、削除等を要請することができ、会社は関連法に基づいて措置を取らなければなりません。

2.会社は、前項による権利者の要請がない場合でも、権利侵害が認められるだけの事由があったり、その他サービス運営方針及び関連法に基づき、各号に該当する掲示物に対して臨時措置などを取ることができます。

   1)他の「会員」、または第三者にひどい侮辱を与えたり、名誉を損傷させる内容の場合

   2) わいせつ物を掲載したりわいせつサイトをリンクさせた場合

   3)「会社」または第三者の著作権など、知的財産権を含む一切の権利を侵害する恐れがある場合

   4)当該掲示板の性格に合致しない掲示物の場合

   5)第三者の営利を目的とする広告性掲示物の場合

   6)「会社」が規定した「サービス」内の掲示物の原則と条件に合致しない場合

   7) 「会社」や「サービス」の正常な運営を妨害する場合

3.会社はコンテンツと関連した問題がある場合、直ちに掲示物の削除及び、掲示者に警告措置を取ります。

第16条 (免責)

1.会社は、次の事由によりサービスを提供できない場合、これにより会員に発生した損害については、責任を負担しません。

   1)天災地変、またはこれに準ずる不可抗力の状態がある場合

   2) サービス提供のために会社とサービス提携契約を締結した第三者の故意的なサービス妨害がある場合

   3) デバイス環境など、会員の帰責事由によりサービス利用に障害がある場合

   4) ネットワーク環境など他の会社の故意、過失のない事由による場合

2.会社は、CPが提供したり会員が作成するなどの方法で、サービスに掲載された情報、資料、事実の信頼度、正確性、著作権侵害の有無などについては保証せず、これにより発生した会員の損害については、いかなる責任も負いません。

3.会員相互間または会員と第三者相互間にサービスを介して発生した紛争については、介入する義務がなく、これによる損害を賠償する責任もありません。

4.サービスユーザーがサービスを利用して期待する収益を得られなかったことに対して責任を負わず、サービスの利用により発生する損害等については責任が免除されます。

第17条 (損害賠償)

1.会員が本規約の規定に違反することにより、会社に損害が発生することになる場合、本規約に違反した会員は会社に発生するすべての損害を賠償しなければなりません。

2.会員がサービスを利用する過程で行った不法行為や本規約違反行為により会社が当該会員以外の第三者から損害賠償請求、または訴訟をはじめとする各種異議申し立てを受けた場合、当該会員は自分の責任と費用で会社を免責させなければならず、会社が免責されなかった場合、当該会員はそれにより会社に発生した全ての損害を賠償しなければなりません。

3. 会社は、無料で提供するサービスに関連して発生する事項についていかなる損害にも責任を負いません。

第18条 (サービス関連の紛争解決)

1.会社は、サービス利用に関連して会員から提出される不満事項及び、意見をできる限り迅速に処理します。 ただし、迅速な処理が困難な場合には、会員にその理由と処理日程を速やかに通知します。

2.会社と会員の間に発生した紛争は、電子取引基本法に基づいて設置された電子取引紛争調停委員会の調停手続きを経て行われます。

第19条 (サービス終了)

1.サービスを終了しようとする場合、会社はサービスを終了しようとする日から3ヶ月以前に本規約第3条第3項に規定された通知方法を準用して、会員にお知らせします。ただし、サービスの終了ではない事業上、その他の運営上の理由による譲渡の場合は、特にお知らせいたしません。

2.本条第1項によるサービス終了通知日以降、会員は会社からサービスの提供を受けられません。これについて特別な規定がない限り、サービスユーザーには別途の補償をいたしません。

第20条 (準拠法及び、合意管轄)

1.本規約で定めていない事項及び、本規約の解釈に関しては、大韓民国法及び、商慣習に従います。

2.サービス及び、本規約と関連した諸般の紛争及び、訴訟は、ソウル中央地方裁判所、または民事訴訟法上の管轄裁判所を第1審管轄裁判所とします。

第21条 (個人情報保護義務)

1.会社は、関連法令が定めるところにより、会員登録情報を含む会員の個人情報を保護するために努力します。会員の個人情報保護に関しては、関連法令及び、会社が定める「個人情報取扱方針」に定めるところにより、会員が常時確認できるよう、多様な方法を通じて告知しております。

2.会社は、利用契約の成立及び、履行に必要な最小限の範囲内で、個人情報取扱方針に従い、お客様の会員情報を収集します。

3.会社は、サービスに関連して知っている会員の情報を本人の同意なく第三者に提供しません。

4.会社は、会員の責に帰すべき事由によって露出された会員情報に対して責任を負いません。

5.会社は、電気通信事業法、通信秘密保護法、情報通信網利用促進及び、情報保護等に関する法律等、関係法令に基づき、行政機関、または捜査機関等において会員の会員情報の閲覧、または提出を要請する場合には、これを提供することができます。

第22条 (携帯電話その他の機器)

1.会社は株式会社ジニックスのサービス登録を無料で提供しております。販売されるモデルを無料で提供するという意味ではありません。ただし、通信による料金は移動通信社の政策に従います。通信に伴う料金について会社は責任を負いません。

2.会員は、自身の機器においてサービスが要求するすべての情報と同期化(アプリによる同期化を含みます)するのに必要なすべての権利を提供することに同意したものとみなします。

第23条 (購入申込)

1.会員は、本規約及び会社が定める規定に基づき、以下の内容、または類似の方法により購入を申込、会社はユーザーが購入申込をするにあたり、次の各内容をわかりやすく提供しなければなりません。

   1)財貨などの検索及び、選択

   2) 受取人の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス(または携帯電話番号)などの入力

   3)規約内容、契約の申込みの撤回権が制限されるサービス、配送料/設置費などの費用負担に関する内容の確認

   4)この規約に同意して上記の3号の事項を確認したり拒否する表示(例:マウスクリック)

   5)財貨等の購入申込及び、これに関する確認、または会社の確認に対する同意

   6) 決済方法の選択

第24条 (購入契約の成立)

1.会社は、第23条のような購入申込に対して次の各号に該当する場合、承諾しないことができます。ただし、未成年者と契約を締結する場合は、法定代理人の同意を得なければ、未成年者本人、または法定代理人が契約を取り消すことができるという内容を告知しなければなりません。

   1)申込内容に虚偽、記載の漏れ、誤記がある場合

   2) 未成年者がタバコ、酒類など青少年保護法が禁止している財貨及び、サービスを購入する場合

   3)他の購入申込に承諾することが、会社の技術上、著しく支障があると判断する場合

2.会社の承諾が第26条第1項の受信確認通知の形でユーザーに到達した時点で契約が成立したものとみなします。

3.会社の承諾の意思表示には、ユーザーの購入申込に対する確認及び、販売可否、購入申込の訂正・取消し等に関する情報等を含めなければなりません。

第25条 (支給方法)

1.会社で購入した財貨またはサービスに対する代金支払い方法は、次の各号の方法のうち会社が採択した方法ですることができます。ただし、会社は購入者の支給方法について財貨等の代金にいかなる名目の手数料も追加して徴収することはできません。ただし、送料、海外送料はこれに含まれません。

   1)テレホンバンキング、インターネットバンキングなどの各種口座振替

   2)プリペイドカード、デビットカード、クレジットカードなどの各種カード決済

   3)オンライン振込み

   4)携帯電話決済

   5) 割引クーポンなど会社が支給したクーポンによる決済

   6)他の会社が追加指定する決済手段

2.会社は、会員の代金の支払いに法的、技術的問題が発生したり、会社が予見できなかった障害(銀行通信網障害等)が発生する場合、会社の方針に基づいて会員に決済手段の変更を要請したり、暫定決済保留、または拒否することができます。

3.購入代金の決済と関連し、会員が入力した情報及び、それに関する責任は会員にあり、財貨、またはサービスの契約申込の後、合理的な一定期間内に決済が行われない場合、会社は当該注文を取り消すことができます。

4.会社は、購入者の決済手段の使用権限において正当性を確認することができ、必要な場合、当該取引進行の保留及び、疎明資料の提出を要請することができます。

第26条 (受信確認通知、購入申込の変更及び、取消し)

1.会社は、ユーザーの購入申込があった場合、ユーザーに受信確認通知をします。

2.受信確認通知を受けたユーザーは、意思表示の不一致等がある場合には、受信確認通知を受けた後、直ちに購入申込の変更及び、取消しをすることができ、会社は配送前にユーザーの要請がある場合には、遅滞なくその要請に従って処理しなければなりません。ただし、すでに代金を支払った場合は、第29条の契約の申込みの撤回等に関する規定に従います。

第27条 (財貨等の供給)

1.会社は、ユーザーと財貨などの供給時期に関して別途の約定がない以上、ユーザーが決済完了、または管理者が入金確認した際から15日間コンテンツをダウンロードできます。

2.有料会員及び、共有会員の場合は、約定期間中、制約なくコンテンツをダウンロードできます。

第28条 (払い戻し)

1.無形の商品の特性上、購入の後、払い戻しが不可能な商品が存在することがあります。

第29条 (契約の申込みの撤回等)

1.ユーザーはコンテンツの購入申込後、未決済の状態では契約の申込みの撤回が可能です。

2.振込決済時に入金しなければ、自動的に契約の申込みの撤回となります。

3.決済後でも、コンテンツをダウンロードする前には契約の申込みの撤回が可能ですが、コンテンツモールの特性上、ダウンロードした契約の撤回はできません。

第30条 (契約の申込みの撤回等の効果)

1.会社は、ユーザーから財貨等の返還を受けた場合、3営業日以内にすでに支払われた財貨等の代金を払い戻します。この場合、会社がユーザーに財貨等の払い戻しを遅延した際には、その遅延期間について公正取引委員会が定め、告示する遅延利子率を乗じて算定した遅延利子を支払います。

2.会社は、上記の代金を払い戻すにあたり、ユーザーがクレジットカード、または電子マネー等の決済手段により財貨等の代金を支給した際は、遅滞なく当該決済手段を提供した事業者に財貨等の代金の請求を停止又は取り消すよう要請します。

第31条 (商品クーポン)

1.会社は、財貨等を購入するユーザーに指定された商品を購入する場合、一定額、または一定の割合の割引を受けることができるクーポンを発行することができます。

2.会社で別途に明示した場合を除いては、他人に譲渡することができず、いかなる場合でも、これを他人に実質的に売買することができません。

3.商品クーポンは現金で出金することができず、表示された有効期限が満了したり、利用契約が終了したりすると消滅します。

4.商品クーポンは、一部の品目、または金額によって使用が制限されることがあり、会員を退会した場合、商品クーポンは自動的に消滅します。



本規約は2021年08月06日から施行されます。

従前の規約は本規約に代り、改定利用規約の以前登録者もまた改定利用規約が適用されます。

会社名 Jineex 代表 Lee Jinhee
アドレス 606 , Industrial-Academic Cooperation Center,255, Jungang-ro, Suncheon-si, Jeollanam-do, Republic of Korea

TEL 061-755-7775 FAX 0504-475-6908

Customer center

すべてのお問い合わせは、メールで送信下さい。
E-mail : bgoutlet@jineex.com

月〜金 am 9:00 - pm 06:00 | 昼食の時間 : pm 12:00 - pm 01:00